ブログ

車のエンジンオイルって何??

こんにちは!!

豊岡市は今日も晴天、とても気持ちいいですね。

今回は車のエンジンオイルについて少しお話ししたいと思います。
まず、車のエンジンオイルってなんだか知ってます??
簡単に言えば人間でいうところの血液みたいなモノです。
人間の体には心臓があり、血液がないと機能しません。
車にも同じことが言えるのですが、車にはエンジンがあり、エンジンオイルが
ないと全く機能しません。
常にエンジンの中を循環し、エンジンの中にある金属パーツの摩耗などを防ぐ役割をしています。
ですから、ある程度走行すると汚れてしまいます。

 

汚れたらどうなるか・・・

 

何度も使った天ぷら油は真っ黒になりますよね(;゜0゜)
真っ黒になればもちろん交換して新しい油を使いますね。

エンジンオイルもある程度走ると真っ黒になってしまうのです。
潤滑油としての機能が充分に発揮されず、燃費が悪くなったりエンジンから異音がしたり
最悪の場合はエンジンが掛からなくなってしまいます。
そうならないためにも早めの交換をお勧めしているんです。

 

 
目安は   ❝約3000km❞  です。

美味しい天ぷらを食べるには新しい油を使った方がいいですよね。

車も同じ!!

汚れたオイルで走っていては燃費も悪くなるし、長持ちもしない。
車にとって良いことはないですね。

車を長く快適に乗る秘訣の1つとしてエンジンオイルの定期的な交換は必須ですね(^^)

 

今回はエンジンオイルのちょっとした豆知識のご紹介でした。
またこれからも車に関する豆知識を少しづつお伝えしていけたらなと思っています。

 

 

豊岡市でこだわりの中古車をお探しならキンキユーズドカーショップへ

関連記事

ページ上部へ戻る