ブログ

走行中にハンドルがぶれるトヨタ セルシオ UCF31の修理です^^

皆様、こんにちは^^
もう終わってしまいましたが、日本中がハロウィンで一色でしたね。
皆さんも色んな仮装をして楽しまれましたか?
今年は何もしませんでしたが、来年はまた仮装パーティーをしたいな~なんて考えています^^
来年のこの時期は「Trick or Treat !!」

昨日はセルシオにお乗りのお客様より走行中にハンドルがぶれるということで修理をさせていただきました。
時速60キロぐらいで小さな段差をこえるとハンドルが”ブルブル”と震えていました。
ジャッキを上げてみるとフロントのサスペンションからオイルがにじみ出ていました。

サスペンションからオイルが漏れると内圧が下がり、機能を果たさなくなってしまいます。
密封されていた部屋に穴が開いてそこから中の空気が漏れるような感じですね^^
そのオイル漏れをしたサスペンションでは走行中の小さなショックを吸収できず、ハンドルまで
ダイレクトに衝撃を伝えてしまうんです。
このセルシオのエアーサスペンションは新品で1本約80,000程するので、今回は程度の良い中古品を
しようしました。
走行が9万キロ程走っていたので、それと同時に足回りのゴム関係も交換させていただきました。


ハンドルとホイールを繋ぐタイロッドエンド↑


ボディを支える部品の1つのロアアームボールベアリング↑

違和感がある中での走行は少し不安がありますよね。
「いつもと少し違う」と感じられたら、何事も早めに相談、対処しましょう^^
U様、安心してお乗り下さいね^^


豊岡市でこだわりの中古車をお探しならキンキユーズドカーショップへ

関連記事

ページ上部へ戻る