ブログ

中古車の『買い時、値段が下がる時期』とは?

新車と異なり、中古車は相場が変動するため、何も知らずに買うと同じ車でも高くついてしまうことがあります。中古車の価格返送の要因には様々なものが考えられますが、これを見極める知識があれば、出来る限り購入費用を抑えて中古車を購入することができます。

中古車の価格が下がる時期と上がる時期とは?

皆様は、中古車の価格が下がる時期、上がる時期をご存知でしょうか。

中古車の価格が下がる時期は、中古車の需要が落ちているときです。つまり、中古車を購入しようと考えている人が少ない時期ということですね。こういった時期には、中古車販売店でも、価格を下げてでも、車を売りたいと思うので、交渉もしやすくなります。一般的には、2月と3月は中古車市場に出回る車の数が多くなるといわれています。このためご希望の中古車を見つけやすく、重要が高くなるということです。

また、2月3月に中古車の需要が高い理由はこれだけではなく、学生の卒業、4月から働く就職などで、車自体の需要が高まっていることも関係しています。この高い需要時期を超えると、中古車の価格は一気に下がることから、4月中旬あたりから5月くらいであるといわれています。

7月や12月前後にはボーナス月であるため、中古車の需要が減り、価格が下がりやすいということです。

このように、中古車の価格が下がる時期、高騰する時期を見極めることで、ご希望の中古車をお得に、そして少しでも安く購入することが出来るということです。

中古車の売れない時期が狙い目

中古車の買い時は、中古車を購入する人が少ない時期や中古車販売店が売上をのばしたいと考えている時期が一番おすすめです。

なぜか?中古車を購入する人が少ない時期は連休やその直後、ボーナス支給の時期になります。これはイベントごとで忙しいときや、お金を使ってしまっているときには、車を購入しようとする人が少なくなる傾向にあるためなんです。さらに、同じ車でも店舗に並んでいる時期は長ければ、価格が下がることもあります。在庫を抱えている中古車販売店の場合、それも狙い目ですね。

しかしそういている間に、その中古車が売れてしまうこともあるので、タイミングには十分な注意が必要です。当店では、在庫を抱えず、その分、コストを抑えて販売することが可能です。

「お客様が欲しい中古車を出来るだけ早く、探しご提案する」にもっとも力を入れております。中古車の売れない時期が狙い目、このポイントは抑えて頂くことをおすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る